レッスン内容

ブリランテピアノ教室の子どものレッスンは、月3〜4回(年40回)または月2回(年24回)で、

1回30分の設定になっています。

開講曜日・時間帯は月曜日〜金曜日の14時〜20時です。

※土曜日のレッスンをご希望の方には、別途土曜日のピアノ教室を設けています。詳しくは こちら

子どものレッスンでは、リズムの楽譜を見て拍子を取りながらリズムを打つ練習と、メロディの楽譜を見て

ピアノで音を取りながら歌う練習がセットになった「リズムとソルフェージュ」の時間を10分程度設けています。

短い30分のレッスンでこのような時間を取ることは一見遠回りに思えるかもしれませんが、どんな音楽も音と

リズムでできています。

音感とリズム感を育てる「リズムとソルフェージュ」のレッスンによって大切な音楽の基礎が身につきます。

 

ブリランテピアノ教室では楽譜を読む力を身につけるために、入門期は1曲1曲を徹底的に練習して

きれいに弾くことよりも、できるだけ多くの楽譜を見て音とリズムを取ることに重点を置いたレッスンをしています。

当教室で使用する入門期のテキストは、ほとんどの曲に歌詞がついていますので楽しく歌いながら練習できる

ようになっています。

この段階ではレッスンで新しい曲を練習し、ご自宅ではレッスンで弾いた曲の復習をしてきて頂きますので

長時間の練習も次の新しい曲の予習も必要ありません。

 

初級期以降は入門期で身につけた楽譜を読む力を活かして、ご自宅で新しい曲を練習してきて頂きます。

この段階になれば楽譜を読む力が身についてきていますので、新しい曲を練習するときでも比較的短い時間で

弾けるようになります。

 

入門期の段階から歌いながら弾くことに慣れていると、初級期以降になって練習している曲の中で

難しい所が出てきてもしっかりと楽譜を見直し、自発的に声に出してリズムを読んだり

メロディを歌ったりして自力で解決することができるようになります。

それは「歌うようにピアノを弾く」ということが自然と身についている証拠です。

「歌うようにピアノを弾く」ということは、より音楽的に演奏する上で欠かすことのできない重要な技能です。

当教室では早い段階からそうした技能を身につけてもらいたいと考えています。

初級期後半からは、リズムとソルフェージュの学習は修了します。中級期以降になると

その曲の形式や特徴を理解して演奏することを目標にしたレッスンをしています。

 

使用教本について

ブリランテピアノ教室では、生徒さん生徒さんの年齢や希望を考慮し、

生徒さんが練習を通してその曲の特徴や良さを理解し、

演奏を心から楽しむことができるような曲が収録されたテキストを使用する事を基本としています。

また、生徒さんが弾きたいと言われた曲は習熟度に合わせてレッスンに取り入れています。

自分の好きな曲や憧れの曲が思った通りに弾けたときの感動は、何物にもかえがたいものです。

レッスンで弾きたいと思った曲を練習曲として扱うことにより、練習にも意欲的になります。

 

 

 

ピアノは特別な習い事

貴重な子ども時代にピアノを習うことは、とても有意義なことです。

特にピアノのレッスンは、他のグループレッスンの習い事とは違い、先生と生徒1対1の個人レッスンです。

それだけに生徒さんにとって、先生との相性は無視できないものになります。

どんな素晴らしい先生でもお子様がピアノのレッスンに行くのが嫌だという日が続いたら

思い切って先生を変えられるのも良いかと思います。

ピアノ講師は選びきれないほどたくさんいますので、あなたのお子様にふさわしい先生を

見つけてあげてください。

 

 

 

ピアノを習い始めるのに適切な年齢

ピアノを習うのに適切な年齢は決まっている訳ではありません。

お子様の性格や興味関心の高さによって違ってきます。

「何歳だから早すぎる」「何歳だからもう遅い」ということはありません。

「習いたい!」と思った時が、お子様にとって一番適切な時期です。

「うちの子はピアノを習わせるにはまだ早いかな・・・」「今から始めても遅いかな・・・」

そう思われる前に、ぜひお子様と一緒に一度体験レッスンを受けに来てください。

当教室は無理な勧誘は一切いたしません。どうぞお気軽にお申込みください。

 

 

年少(3才〜4才)のお子様の場合

お子様が年少さんの場合、リトミックを習うかピアノを習うか迷われる保護者の方も多く、

実際に「リトミック教室はされていますか?」というお問い合わせを頂くこともよくあります。

リトミックは、スイスの作曲家で、音楽教育家でもあったエミール・ジャック・ダルクローズによって創案された

音楽教育法で、音楽に合わせて体を動かし、音の知覚能力を高めるリズム運動、音楽に合わせて歌うことによって

音感を養うソルフェージュ、リズム運動とソルフェージュを基に、自由に音楽を表現する即興演奏の三要素で

構成されています。

リトミック教室では、グループレッスンが一般的で、1才・2才・3才・4才のように年齢ごとのクラス分けに

なっていることが多く、教室によって使用する教材やカリキュラムも違います。

ブリランテピアノ教室では、生徒さん一人ひとりの個性や能力に合わせたレッスンを提供したいとの考えから、

グループレッスンによるリトミック教室は開講しておりません。

その代わりに、3才から4才の年少のお子様を対象に、リトミックの要素を取り入れた「プレピアノコース」を

設けています。

「プレピアノコース」は、いわば個人レッスン型のリトミックであり、一般的なリトミックに比べると

お遊戯の要素が少なく、お子様の個性や能力に応じて、無理なくピアノコースに移行できる、年少さん限定の

特別なコースです。

ブリランテピアノ教室では、3才から4才までのお子様を対象にした「プレピアノコース」の無料体験レッスン

行っておりますので、ぜひお気軽にお問合せください。

 

 

<お問い合わせ>

078-223-7427

 

<受付時間>10:00〜20:00

 

 レッスン中などで電話に出られない場合がございます。

 その場合は留守番電話にメッセージを残して頂きましたら、

 当日中に折り返しお電話させて頂きます。

Copyright@ブリランテピアノ教室 All Rights Reserved.
 お気軽にお問い合わせください TEL 078-223-7427 受付時間 10:00〜20:00

レッスン内容

ブリランテピアノ教室の子どものレッスンは、

月3〜4回(年40回)または

月2回(年24回)で

1回30分の設定になっています。

開講曜日・時間帯は月曜日〜金曜日の

14時〜20時です。

※土曜日のレッスンをご希望の方には、

別途土曜日のピアノ教室を設けています。

詳しくは こちら

子どものレッスンでは

リズムの楽譜を見て

拍子を取りながらリズムを打つ練習と

メロディの楽譜を見て

ピアノで音を取りながら歌う練習が

セットになった「リズムとソルフェージュ」の

時間を10分程度設けています。

短い30分のレッスンで

このような時間を取ることは

一見遠回りに思えるかもしれませんが

どんな音楽も音とリズムでできています。

音感とリズム感を育てる

「リズムとソルフェージュ」の

レッスンによって

大切な音楽の基礎が身につきます。

 

ブリランテピアノ教室では

楽譜を読む力を身につけるために

入門期は1曲1曲を徹底的に練習して

きれいに弾くことよりも

できるだけ多くの楽譜を見て

音とリズムを取ることに

重点を置いたレッスンをしています。

当教室で使用する入門期のテキストは

ほとんどの曲に歌詞がついていますので

楽しく歌いながら練習できるように

なっています。

この段階ではレッスンで新しい曲を練習し

ご自宅ではレッスンで弾いた曲の復習を

してきて頂きますので

長時間の練習も次の新しい曲の予習も

必要ありません。

 

初級期以降は

入門期で身につけた楽譜を読む力を活かして

ご自宅で新しい曲を練習してきて頂きます。

この段階になれば

楽譜を読む力が身についてきていますので

新しい曲を練習するときでも

比較的短い時間で弾けるようになります。

 

入門期の段階から

歌いながら弾くことに慣れていると

初級期以降になって

練習している曲の中で

難しい所が出てきても

しっかりと楽譜を見直し

自発的に声に出してリズムを読んだり

メロディを歌ったりして

自力で解決することが

できるようになります。

それは「歌うようにピアノを弾く」

ということが自然と身についている

証拠です。

「歌うようにピアノを弾く」ということは

より音楽的に演奏する上で

欠かすことのできない重要な技能です。

当教室では、早い段階からそうした技能を

身につけてもらいたいと考えています。

初級期後半からは、リズムとソルフェージュの

学習は修了します。

中級期以降になると、その曲の形式や特徴を

理解して演奏することを目標にしたレッスンを

しています。

 

使用教本について

ブリランテピアノ教室では

生徒さんの年齢や希望を考慮し、

生徒さんが練習を通して

その曲の特徴や良さを理解し

演奏を心から楽しむことができるような曲が

収録されたテキストを使用する事を

基本としています。

また、生徒さんが弾きたいと言われた曲は

習熟度に合わせて

レッスンに取り入れています。

自分の好きな曲や憧れの曲が

思った通りに弾けたときの感動は

何物にもかえがたいものです。

レッスンで弾きたいと思った曲を

練習曲として扱うことにより

練習にも意欲的になります。

 

ピアノは特別な習い事

貴重な子ども時代にピアノを習うことは

とても有意義なことです。

特にピアノのレッスンは

他のグループレッスンの習い事とは違い

先生と生徒1対1の個人レッスンです。

それだけに生徒さんにとって

先生との相性は

無視できないものになります。

どんな素晴らしい先生でも

お子様がピアノのレッスンに行くのが

嫌だという日が続いたら、思い切って

先生を変えられるのも良いかと思います。

ピアノ講師は選びきれないほど

たくさんいますので

あなたのお子様にふさわしい先生を

見つけてあげてください。

 

ピアノを習い始めるのに適切な年齢

ピアノを習うのに適切な年齢は

決まっている訳ではありません。

お子様の性格や

興味関心の高さによって

違ってきます。

「何歳だから早すぎる」

「何歳だからもう遅い」

ということはありません。

「習いたい!」と思った時が

お子様にとって一番適切な時期です。

「うちの子はピアノを習わせるには

まだ早いかな・・・」

「今から始めても遅いかな・・・」

そう思われる前に

ぜひお子様と一緒に

一度体験レッスンを受けに来てください。

当教室は無理な勧誘は一切いたしません。

どうぞお気軽にお申込みください。

 

年少(3才〜4才)のお子様の場合

お子様が年少さんの場合、

リトミックを習うかピアノを習うか

迷われる保護者の方も多く、実際に

「リトミック教室はされていますか?」

というお問い合わせを頂くことも

よくあります。

リトミックは、スイスの作曲家で、

音楽教育家でもあった

エミール・ジャック・ダルクローズに

よって創案された音楽教育法で、

音楽に合わせて体を動かし、

音の知覚能力を高めるリズム運動、

音楽に合わせて歌うことによって

音感を養うソルフェージュ、

リズム運動とソルフェージュを基に、

自由に音楽を表現する即興演奏の

三要素で構成されています。

リトミック教室では、

グループレッスンが一般的で、

1才・2才・3才・4才のように

年齢ごとのクラス分けに

なっていることが多く、

教室によって使用する教材や

カリキュラムも違います。

ブリランテピアノ教室では、

生徒さん一人ひとりの個性や

能力に合わせたレッスンを

提供したいとの考えから、

グループレッスンによる

リトミック教室は開講しておりません。

その代わりに、3才から4才の年少の

お子様を対象に、リトミックの要素を

取り入れた「プレピアノコース」を

設けています。

「プレピアノコース」は、

いわば個人レッスン型のリトミックであり

一般的なリトミックに比べると

お遊戯の要素が少なく、

お子様の個性や能力に応じて、

無理なくピアノコースに移行できる、

年少さん限定の特別なコースです。

ブリランテピアノ教室では、

3才から4才までのお子様を

対象にした「プレピアノコース」の

無体験レッスンも行っておりますので、

ぜひお気軽にお問合せください。

 

                  <お問い合わせ>

                   078-223-7427

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       <受付時間>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        10:00〜20:00

 

  レッスン中などで電話に出られない場合が

  ございます。その場合は留守番電話に

  メッセージを残して頂きましたら

  当日中に折り返しお電話させて頂きます。

Copyright@ブリランテピアノ教室 All Rights Reserved.